冬場に多い猫背に要注意!!

こんにちは。さわやか整骨院の小沼です。寒くなりコートが必要な季節になりましたね。寒くなり気温が下がると身体にもいろいろな支障が出てきます。その原因は様々ありますが今回は意外な原因のひとつとして「猫背」について話していきたいと思います。

猫背は「肩こり」や「腰痛」、「頭痛」といった身体の不調につながります。そんな中、このような症状の方々が最も多く現れる季節をご存知ですか?それは寒さを感じ始める冬場なのです。

冬場になぜ猫背が多いかと言いますと、人は寒さを感じると身体の中心部を温めようとします。そうしますと、背中を丸めて自然と猫背の姿勢になるからです。また、身体が冷えると自律神経に乱れが生じて、胃腸の働きが低下する場合もあります。皆さんの中にも、寒くなるとおなかがゆるくなり、便秘気味になり、気づくと身をかがめてお腹をおさえているという経験はないでしょうか。さらには、背中が丸まった状態で寒いと震えていると筋肉を固くしてしまいます。その状態が長く続くと筋肉は凝り固まり、やがて肩こり、頭痛などつらい症状を作り出してしまいます。寒さが悪循環を生んでしまいます。

 

ポイントを絞った寒さ対策として

 

○お腹を温める

・特に腹巻をお勧めします。当院では手技や赤外線などで温めます。

○首を温める

・特に首の前側が重要になります。マフラーやネックウォーマーをするといいでしょう。

 

当院では猫背を根本的に治療するために猫背矯正を行っていますので気になった方は気軽にスタッフにご相談してください。