寒い時こそ基礎代謝が上がる

こんにちは。さわやか整骨院の小沼です。徐々に朝晩寒く感じられる日が多くなってきましたね。

突然ですが、皆さん基礎代謝という言葉をご存知ですか?

基礎代謝とは、何も運動をしないで過ごしたとしても消費されるエネルギーのことです。基礎代謝量が多ければ多いほど、特別な運動をしなくても、消費されるカロリーが多くなるということなのです。基礎代謝とは具体的にどんな身体の活動のエネルギーなのかというと、主に内臓を動かしたり、血液を循環させたり、呼吸をしたり、筋肉から熱を発したりするために使われるエネルギー消費量です。

この基礎代謝は年齢や個人の筋肉量などによって大きく変わってきます。しかし、一人の人間の中でも、季節によってその基礎代謝量に変化があると言われています。人間は恒温動物なので、外気温が変化しても体温を一定に保とうとします。そのため、外気温が体温と近くなる夏よりも、外気温と体温の温度差が大きくなる冬の方が、体温を保つために必要となるエネルギー量は多くなります。これが冬の方が夏よりも基礎代謝が高いといわれる理由です。 寒いとブルッと寒気が起きますよね。実はこれ、身体が一生懸命体温を上げようとしている証拠なのです。このようなときに、基礎代謝のエネルギーがより多く使われていると考えられます。

でも、冬になると、寒いことを理由にして、運動をさぼったり家に閉じこもったり間食をしたりとダイエットに逆らうような行動をとりがちになります。せっかく基礎代謝が上がる季節なのにそれではすぐに体重が増加してしまいます。

そこで、冬でもダイエットを成功させたい人のために注意するべきことをあげます。

〇適度な運動をする

ウォーキングなどの軽い運動でも構わないので、運動をする習慣をつけましょう。

〇食事量に注意する

食べ過ぎにはくれぐれも注意しましょう。万が一食べ過ぎた時は翌日に食事量を調整しましょう。

〇湯船につかって健康をキープする

入浴によって冷え、肩凝り、ストレスの解消をしましょう。血行が良くなれば基礎代謝も上がります。湯船にしっかり浸かるようにしましょう。