天気痛って辛い

こんにちは、安池です。

早いもので夏らしい暑さも徐々に落ち着きはじめ、夜はだいぶ過ごしやすくなりましたね。皆さん、今年台風多くないですか??いつもの時期より台風が違う方向から来てますよね。

最近9月に入って,多くの患者様が台風が来る前に頭痛や首の痛み、人によってはめまいや吐き気がある患者様が多く来院されるようになりました!!

最近よく耳にする事があるかもしれませんが、天気痛もしくは気象病なんて言葉を聞いた事あるかと思います。雨が降ると関節が痛い。梅雨時になると古傷が痛む。台風が近づくと頭痛がする。色々と症状はありますが、めまいや吐き気とかモヤモヤしたりやる気が出ないという自覚症状も天気痛に含まれます。しかも女性が8〜9割と圧倒的に多いんですよ。

痛みの症状に影響を与えやすい気象要素は、「気温」「気圧」「湿度」この3つが影響します。天気痛の予防として、有酸素運動とストレッチが効果あります。血行を良くすると「ヒスタミン」と言ってアレルギーや関節の炎症を起こす物質を、筋肉から押し出す効果が期待できる為、全身を使う有酸素運動や痛みを感じる部位にアプローチできるストレッチはオススメです!!

もう一つは自律神経を整える事です。十分な睡眠と入浴をする事によって疲れを溜め込まずリラックスできる環境を作る事ですかね。基本的な食生活も大事です!!

ちなみに自律神経は、頸椎の矯正を入れると変化でますよ。

夏の疲れが出始めるこの季節、体の不調がありましたら是非さわやか整骨院に足を運んで下さい。お待ちしております!!

私事ですが静岡の北街道を帰宅中、アスリートの雰囲気を醸し出している素敵な男性が私の横を通って行きました。あんなロードバイクがいつか欲しいです。

走るのが苦手な自分は自転車もいい運動だと思います!!

たまたま後ろをついていったら、知り合いだった為無断転載ではありません笑