毎日が出合い!ありがとうございます。

今日も寒さに負けず元気いっぱい!さわやか整骨院の永田です。

先日の出来事です。

さわやか整骨院の自動ドアが開くと同時に「先生、久しぶり!覚えてる?」といきなり女性の患者様に言われました。

正直、うぅ~んと考えてしまった自分。出してくれた診察券を見て思い出しました!

高校生の時に部活で怪我をして通ってくれていた子です。あまりに雰囲気が違って気づけませんでした。。。
そりゃそうです。話を聞いていてビックリ!5年程前に来てくれていた時は高校生。
今は結婚もして一児のママさんです。雰囲気も変わるわけです。

何年も覚えてくれていて、尚且つ、何かあれば足を運んでくれる。本当にうれしいことです。

自分がこの仕事をやっていて良かったと思える一つです。

この仕事って特殊だなって思うことがよくあります。その一つが上に描いたような『出会い』について。
日々新しい出会いがある仕事なんです。しかも自分から足を運んだりしなくても新しい出会いがやってくるのです。
自分も患者として接骨院に通っていたことがきっかけでこの世界に入り、先生になりました。
新しい人と出会えば、新しい症例との出会いでもあるのです。
また、出会うだけでなく自分次第でその出会いを長い付き合いに変えることもできるんです。
いつも自分の人としての成長、経験になっています。

このような点から考えてもいい仕事だなぁっていつも思います。

自分の思いや考えばかり書いてしまってすみません。
でも、日々こんな思いを持ちながら現場に立って患者様と向き合わさせてもらっています!

痛みや悩みを持ってる方は是非一度、ご相談ください。一緒に新しい出会いをして今とこれからを変えましょう!

上の二人、さわやか整骨院で出会ったんです。

球場で一緒に写真を撮って『見て!』って送ってきてくれたんです。とってもいい思い出。

(本人たちには事前許可をもらいました)

元気が取り柄です!

こんにちは!さわやか整骨院の稲川です。

今1人暮らしをしています。実家にいると気づかないものですが、1人って結構寂しいものですね。笑

 

自分がこの道を選んだのは、高校の時にバレーボールで怪我をして、その時に行った接骨院の先生がとても印象的で「こうなりたい!」って思ったのがきっかけでした。

治すだけじゃなくいつも笑わせてくれるそんな先生でした。

この道の勉強を始めてもうすぐ1年が経とうとしています。

勉強自体は覚えることも多くとても難しいな~と痛感してます。でもそれはそうですよね。人の体に触れる、治すってそれだけの知識も覚悟も無ければいけないんだなと思います。

まだやれる事は少ないですが、僕の武器の元気で患者様が来てから帰るまで笑顔でいられるように、来てよかったなって思ってもらえるように精一杯頑張ります!

痛みをとることはもちろん、元気ももらえるような治療を目指します!

未熟者の稲川ですが、よろしくお願いします!

新人スタッフの土屋です!

当院のブログをご覧くださりありがとうございます。

新人スタッフの土屋です。1月から、さわやか整骨院で働いています。

職は保険代理店に勤めておりました。

保険の代理店から接骨院…自分でいうのもなんですが畑違いの仕事ですよね。

 

実は保険代理店に勤めながら、副業としてリラクゼーション店(いわゆる全身もみほぐし店です)で働いておりました。副業するだったら何か一生涯身につくモノを…というのが選んだ理由です。

 

お客様の中には2・3日おきに通う人などが何人かいました。

来店直後や翌日などはいいのですが2~3日するとほぐしの効果がなくなりまた来店されるのです。

 

いつからか“お客様に癒しは与えられるけど治すことはできない”

そのことに非常にもどかしさを感じるようになりました。

 

そんな時、接骨院の求人を見つけ、この際『副業から本業として本格的に治せる治療家を目指そう!』と思い応募し現在に至ります。

 

院内業務に多少は慣れましたが、まだまだ未熟なので

昼休憩に練習をしています。

治療現場で活きたモノにするためには練習が欠かせません。

加えて、仕事のすべてが患者様に直結します。

今日も練習です!

これからどうぞ宜しくお願い致します!

捻挫を甘く見ない事が将来の為です(笑)

院長の永田です。

今日は自分が得意としている症例『足首の捻挫』のお話です。

スポーツの現場でよく耳にするのが足首の捻挫。

そして、たいしたことないやと放置されがちなのも足首の捻挫。

だからよく「癖になる」と言います。

サッカー選手なんかでも足首の捻挫で全治5週間など新聞やニュースでよく見かけます。

損傷の程度の違いは多少あるにせよ、皆様と同じ足首の捻挫なのです。

 

足首は身体の中でとても大切な関節です

足首で二足歩行の全体重を支えています。動きも負担もとても大きいのです。

僕から言えば、程度関係なくしっかりと治していないから癖になるのではなく、捻挫しやすくなっているのです。

 

さわやか整骨院では捻挫をしっかりと治す治療をします。

足首の捻挫は程度関係なく、捻挫という動作をすることで足首の関節の位置ずれ(アライメント異常)を起こすと考えます。

このアライメント異常を残しておくと腫れや内出血が引いた際に、ケガ前より安定が悪い足首の状態になってしまい捻挫しやすい足首になってしまいます。

当院ではこのアライメント異常からしっかりとアプローチをして捻挫をしにくい足首の状態を作ります。

決して、湿布を鍼、サポーターをして終わりなどはしません。

捻挫した際はなるべく早くご相談ください。足首の捻挫はさわやか整骨院にお任せください。

 

また、過去捻挫したことがあり痛みが残るなんて症例も多く目にします。そんな方いませんか?

痛みがなくても正座した時などに足首の動きの悪さを感じたりしたことありませんか?

こんな場合も、ぜひご相談ください。

ちゃんと痛みをとり、動きを作り出し本来の足首にすることが出来ます。

捻挫はさわやか整骨院!ご相談お待ちしております!

寒さ対策

こんにちは、さわやか整骨院の長嶋です。

まだまだ風も冷たく、寒い時期が続きますね。寒いとどうしても肩に力が入ってしまい

肩が凝る原因になったり、こむら返りが起きやすくなったりします。こむら返りが起きる原因にはミネラルや水分の不足や貧血など色々なものがありますが、筋肉が冷えて血行不良が起こりやすくなったりもします。当院に来院される患者様も冷えで悩んでる方がたくさんいます。そんな方々の手助けに少しでもなればと思い、今回はどちらも血行不良が原因になる場合があるのでそうならないようにするためにも筋肉を暖めるということに焦点をおいてその予防法を紹介していきたいと思います。

まず肩凝りについてですが、両肩や肩甲骨の間にホッカイロを貼ることをおすすめします。首回りというのは脳に栄養や酸素を送る血管が沢山通っています。ここを暖めることでより効率的に血行を改善することができます。また、外に外出する際にはマフラーやネックウォーマーなどをつけるだけでも効果があります。

次にこむら返りについてですが、こちらは寝る前には足が冷えないように靴下を二重にしたり、筋肉を適度に圧迫して血流を促す弾性ストッキングやレッグウォーマーをつけることをお薦めします。

その他にもお風呂でマッサージをするなども効果的ですので、肩凝りや朝方や夜のこむら返りなどでお困りの方は一度試してみてください。

酸素カプセルは秘密基地!

施術スタッフの青島です!

さわやか整骨院にはこどもからお年寄りまでたくさんの方が来院されています。

最近は小さいころからスポーツをしている子が多くなっていますね。

たぶん仕事をしている私より忙しい子もいると思います。

 

そんなこどもでも院内でゆっくりできる時間があるみたいですよ。

 

それは酸素カプセルの中!!!

 

密閉された誰にも邪魔されない空間です。

 

もちろん大人も然り。

 

することはひとつ。

高気圧になった酸素カプセルの中にいるだけです。

寝ていても本を読んでいても構いません。

(たまに勉強している学生さんもいます)

 

この間はゲーム機を持って入った子は酸素カプセルの中でゲームをしながら騒いでたので少し驚きました。

来院するときは普通静かにに入って来られたのでゲーム状況で反応しながらゲームをやってる姿を見て微笑ましく思いました。

 

こどもが楽しそうにしている姿はいいものですね。

 

先日の休みの日に近所を散歩しておりました。

うちの近所の公園は道路に挟まれていてそれなりに交通量もあるためボール遊びができないようになっています。

少し離れた大きな公園では遊具で遊んでる子、芝生でボール遊びやソリ遊びをしている子もいました。

数年前に甥とすべり台をやったとき、想像以上の速度を感じ、こどもの柔軟性がいかにすごいかがわかりました。

 

この仕事をしていると老若男女いろんな方とお話しすると自分が今まで感じなかったことを教わるときがあります。

視点が変われば捉え方も変わります。

体が成長すればすべり台も絶叫マシンに感じるのです。

いろんなことを吸収していける人であるようにこれからも感性を伸ばしたいとおもいます。

 

さわやかスマイル!!!

今、杉山は受付という仕事にやりがいを感じています!

それは自分が接骨院に通っていたことがきっかけです。

そこの受付の方が親切で丁寧に笑顔で接してくれて、治療は痛くて治さなきゃいけないことは分かっていたけど少し行くのが嫌な時もありました。でも治療に行くたびに受付の方の笑顔を見て嫌な気持ちが少し減りました。受付の方のおかげでちゃんと治療にも行けてけがが完治したと思っています。その想いが強く私もこんな風な笑顔だけで痛みを少し抑えられたり、不安な気持ちや嫌な気持ちを減らせる受付になったりそういう仕事をしたいと思うようになりました。そんな時に求人票でさわやか整骨院の名前を見つけ就職が決まりました。

今、働き出して3年が経とうとしています。

最近では患者様から「笑った顔がさわやかだね」や「いい笑顔しているね」などを言ってもらえる様になりました。私は直接患者様の体を触って治療する事は出来ないけれど、先生方と同じ気持ちで「患者様に早く良くなって治ってほしい」という想いです。

痛みを少しでも和らげたい方、不安で悩んでいる方、ぜひご来院下さい。

まずは受付で笑顔で対応します!!

知識と行動が時間をケガの回復を早める!

交通事故治療アイキャッチ

さわやか整骨院では多くのスポーツをやっている患者様が来院されます。

院長の永田です。

そんな現場で、症状や患部を見た時に良く思うこと、「怪我した時にこうしてたらなぁ」です。

ちょっとした知識と行動で治るまでの期間がガラッと変わります。

治療の仕方も変わり、早期回復を望むことが出来るので今回は知っていただきたく、やっていただきたく書こうと思います。

 

スポーツ現場でケガをした際は「RICE」です。治療においてもこの考えが基本です。

では、RICEってなに?となりますが、これはケガをした直後に行う基本行動の頭文字をとったものです。簡単に一つずつ解説しますね。

 

R…Rest「安静」

やはりケガをした直後はなるべく動かさないようにしてください。無理して状態が悪化すればそれだけ治るに時間がかかってしまいます。

 

I…Ice「冷却」

捻挫や打撲などのケガをした時、内出血と腫れが起こります。患部を氷や水を使って冷やすことで内出血や腫れを減らすことが出来ます。内出血や腫れが多ければ多いほど治るまで時間がかかります。

 

C…Compression「圧迫」

包帯などで適度な圧迫を加えれば内出血を最小限に抑えられます。

内出血が多いと患部の痛みが引いてきても内出血が溜まっているところの痛みが残ります。

 

E…Elevation「高挙」

患部を出来る限り心臓より高い所に上げておくことで腫れを最小限に抑えられます。

 

上記のようなことを知っておいてケガ直後にするか、しないかで治りも2週間から1か月変わることもあります。

是非知っておき、実践してください。

そして、これらはあくまでも応急処置です。その後、なるべく早くさわやか整骨院までご来院ください。

特に大会前などは早ければ、早いほど試合に間に合う可能性も高くなります。

また、痛みが取れた後の患部や運動のケアもしていきます。

(怪我をして来院してくださっている学生の患者様と一緒に!)